2018年01月09日

父の誕生日祝いにGough's on Goufhへ

26219141_10211366728588963_3011736553022165938_n.jpg

日本も今週は寒くなるようですが、
香港も今日の午後から急に寒くなって今は気温8℃。
東京とあまり変わらない寒さです。
そんな夜、両親と父の誕生日を祝いに、
Gough's on Goughへ。

このレストランは、世界的に活躍中のイギリスの
ファニチャー&インテリアデザイナーのTimothy Oultonが、
2年の準備期間を経て半年前にオープンした、
モダン・ブリティッシュのレストラン。

今日はアーティスト風な個性的なお客様が多いなと思っていたら、
なんと隣の席の人はTimothy Oulton本人でした。

26196310_10211366767869945_7749031916094807905_n.jpg

オーセンティックなもの好きな父は、
クラフツマンシップ溢れるレザーのソファが気に入ったよう。
海外のレストランは、
なんといっても照明の使い方が上手なところが多い。
posted by impression at 17:21 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

Hainan Chicken in Hainan Island🌴

ss.jpg

お休み中に、中国の海南島の Sanyaに行ってきました。
香港からは飛行機で一時間ちょっと。
台湾へ行くのと同じくらいの時間で行くことができます。

Sanyaはどんなところ?と事前に聞いたところ、
「"中国のハワイ "と言われている」とのこと。

着いてみると、本当に気候がハワイ。
暖かくて柔らかな空気、海から吹いてくる強めの風、
白い砂浜に大きな椰子の木、美味しいトロピカルフルーツ…
まさにハワイそのもの。
緯度がハワイと同じなので、中国ですが、のんびりゆったりとしたところでした。

海南島といえば海南鶏飯!
海南鶏飯は、シンガポールやタイ、マレーシア、香港などで人気のある、
以前にTable with Colorsセミナーでもご紹介した料理です。
もともと海南出身の華僑が東南アジアに移住して伝わった
郷土料理が海南鶏飯のもとだそう。

ss2.jpg

海南にてそのオリジンである「白切文昌鶏」を食べてみたところ、
侮るべからず!本場の味は、今まで食べた中で1、2を争う
素晴らしい美味しさでした。

鶏自体が違う、と思って調べると、
海南の文昌鶏という鶏は、ココナッツやラッカセイの糠を餌として
放牧で育てられる鶏とのこと。
どうりで美味しいわけでした。

いつか海南島で海南鶏飯を食べられたらなあとほんのりと思っていましたが
思いの外早く実現してうれしかったです。
posted by impression at 17:07 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

2018年 あけましておめでとうございます!

年賀状s1.jpg

あけましておめでとうございます! 
2018年がみなさまにとって、幸せに満ちた、素晴らしい1年となりますように。

Happy New Year !
Much peace, love and joy to all in 2018 !

香港に住んで丸3年経ちました。
アメリカ留学時は、インターネットもなく、
国際電話は高くて、ファックスでやりとりするくらい。
寂しいとは口に出せないくらい寂しい半面、
好きなことを勉強できる楽しさと充実感に満ち、あっという間の日々でした。

若い頃の3年と今の3年は時の時の経つスピードも内容も違って感じますが、
これからも、あの頃と同じような情熱と好奇心を忘れずに、
どこにいても毎日元気に楽しく、よりよく過ごせたらと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

🌲香港のクリスマス 7@ somewhere in Central🌲

26001340_10211285042906872_294119457232798196_n.jpg

2017年のクリスマスも終わりましたね。
みなさまはいかがお過ごしになりましたか?
香港のクリスマス・デコレーション シリーズもこれが最後の投稿です。
クリスマス・イブは、母の誕生日とクリスマスを
一緒に祝うためにシンガポールからやってきた
妹家族とともにディナーへ。

食事後、いっぱいになったお腹を調整するために歩き出したのですが、
エスカレーターに施された綺麗な飾りにつられて、
通ったことのないビルの中に迷い込んでしまいました。

エスカレーターで上がったその先には、
予想していなかったきれいな🌲が飾られていてびっくり。
おしゃれな洋服屋さんの上なので、
ビル自体がセンスのいい装飾なのかもしれません。
でも表からは気がつかないところなので、
見る人が限られてとってももったいない!
赤もクリスマスらしく華やかで楽しいですが、
こんなグリーン系も落ち着いて好きです。
posted by impression at 16:07 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

Table with Colorsセミナー 2017年12月は…

25552131_10211251395025696_9072278451239250487_ns.jpg

2017年最後のTable with Colorsセミナーはクリスマスセミナー。

香港の街を歩きながら、今年はどんなクリスマス・デコレーションにしようか
思いめぐらしていました。
何十年もディスプレイや花の仕事をしてきたので、
かなり整理してきたものの、それでも
インプレッションの屋根裏にはたくさんのデコレーション・グッズが眠っています。
その年その年のトレンドと合わせて、手持ちの
お気に入りや思い出のオーナメントを選ぶのです。

飾り付けを始める前は、
昔、銀座マキシムのクリスマス・デコレーションを
させていただいた頃に使った赤やゴールドのオーナメントが
たくさんあるので、今年は赤にしようと思っていましたが、
クリスマス・グッズを取り出してみたら気分が変わり、
今年は来たる2018年SSのテーマにもある、色とりどりのPARADISE(楽園)カラーで
デコレーションすることにしました。

インプレッションのクリスマス・ツリーのオーナメントは
以前NYにEthan Allenの仕事で出張していた時に訪れたBergdolf Goodmanで購入した
様々なフルーツの飾り。
どれも色がきれいでキラキラしていてとても気に入っているのですが、
毎年のように木から落ちて、壊れたり、ぶら下げることができないものが増えてきました。
それでも好きなので、では、たわわに実った熟した実が木からとうとう落ちて
森に転がっているような姿にしようとツリーからエントランスへ森の小道を作り
そこにフルーツやオーナメントをデコレーションしました。
そうしているうちに、やはり以前、お菓子のセミナーを始めたころに香港のLaneCrawfordで購入した
お菓子の妖精たちのオーナメントがフルーツの香りに誘われて踊りだし、森を舞い始めました。

そんな感じで、生徒さんにもデコレーションは決めてからつくるのですか?と聞かれましたが
なんとなく決めながらも、手を動かしているうちに出来ていく、といったほうが
正確かもしれませんね。頭で考えているよりも手を動かすともっと自然に湧いてくるという感覚です。
洋服の買い物と同じで、気に入ったものを毎年すこしずつ買っていると自然と全てのものが
互いを引き立てあって、合うのだと思います。

テーブル装花は色とりどりのボールやフルーツに合わせて赤、紫、オレンジのダリアやラナンキュラスを
香りのよい常緑樹やユーカリとともに飾り、家全体を一つのテーマでまとめてみました。

お料理にはせっかくのフェスティブシーズンなので楽しさを。
前菜には「リース・サラダ」を。
16種類の野菜をクリスマスらしくリース型に飾ってみました。
お花のリースを作るのと同じで、作り手により、リースの出来上がりは何通りもあって
ひとつずつ個性があってとても楽しい作業となりました。
メインはビーフストロガノフ。
これはロシアの宮廷で食べられていた上質な宮廷料理なのだそうでしから
言われもクリスマスにぴったりな感じです。意外と簡単に美味しいメイン料理ができるので
すぐにも活用できそうと喜んでいただけました。
デザートには「真っ赤なシュークリーム」。
これは以前に母が「赤」についての取材時にお店で見つけてきた真っ赤なシュークリームを
私も食べてみたくて、また皆さまにも喜んでいただきたくて今回つくってみました。
クリスマスらしい華やかな真っ赤な色が印象的で
かつ真っ赤で大きなシュークリームが
オーブンの中でどんどんと膨らんでいく姿を楽しんでいただけたようです。

2017年もセミナーにご参加いただきありがとうございました。
皆様とともに楽しい時間をもてたことに心より感謝申し上げます。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
1月にお目にかかれるのを楽しみにしております。
posted by impression at 07:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

冬季休暇および年末年始の商品等の発送のご案内

o0480064013821680588.jpg

冬季休暇および冬季の商品等の発送についてお知らせいたします。

12月15日(金)〜1月14日(日)の期間、冬季休暇のためスウォッチ等の商品等の発送ができません。

上記期間中、メールにてのご注文は承れますが、ご注文をいただきました順にご連絡し、代金のお振込みを確認させていただきました後に、1月15日(月)以降に順次発送させていただきます。

上記期間中、セミナーへのお申し込みや取材等のお問い合わせはメールにて承ります。
ご連絡いただければメールにて返信させていただきます。

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承くださいませ。

それでは素敵な年末年始をお過ごしください。




★コンサルティング、セミナー等へのお申込、お問い合わせはメールにて承れます。



<span></font><td></tr></table></td></tr></table
posted by impression at 14:03 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

🎄香港のクリスマス 5 @LandmarkHong Kong 🎄

222.jpg

111.jpg

ランドマークの大掛かりなインスタレーションの横には
吹き抜けの大きなスペースをいっぱいに使って
どうやって飾りつけたんだろう?と思うような
大きなツリーが飾られています。
大きすぎて一番下まで写りません!

お休みの日には記念写真をとる人でいっぱいです。
クリスマスには妹家族が来るのでタイミング合えば
一緒に写真撮りたいです。
posted by impression at 10:09 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

サンタクロース

24993499_1545332558893288_3617218234060205600_n.jpg

今朝は花市場へ。
市場はクリスマスを通り越して、すでにもうお正月モード。
例年に比べ、お正月に力が入って感じるのは気のせいでしょうか?

そんな中、今朝見つけたのは
"サンタクロース”という名前の大輪のダリア。
赤と白のコンビネーションがきれいです。

25348421_1545340192225858_2384873961862167281_n.jpg

そしてもうひとつ、赤いダリアの名前は”純愛の君”
どんな方がどんな風に感じて名前をつけるのでしょう。

特別寒い朝でしたが、きれいなダリアと名前をみつけて
気持ちがすっかり暖かくなりました!
posted by impression at 13:22 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

シンガポールのクリスマスの準備

24796527_1437190653046193_6532218612391262469_n.jpg

シンガポールといえば、赤道直下の国。
香港も暖かいとはいえ、今の季節には冬服が必要になりますが、あちらに住む妹の話では、常夏の国シンガポールでは全く必要なく、かえって残念だそう。
そんなシンガポールでも、12月になるとクリスマスツリーを出して飾りつけをし、サンタさんも街に登場。子供達は毎日クリスマスがやってくるのを楽しみに過ごすそう。
写真は今年手作りしたリースだそう。あちらでもこんなに冬の花材が揃うのですね
posted by impression at 16:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

🎄香港のクリスマス 4 @Four Seasons Hotel Hong Kong🎄

24775164_1540178656075345_904608332015285320_n.jpg

24852502_1540179296075281_7939189597377975727_n.jpg

以前、母の誕生日の時に家族で訪れた思い出がある
Four Seasons Hotel。
シンガポールから妹たち家族が大量の蘭の花を抱えてやってきてくれて、
母をびっくりさせました。
ちょうどこのクリスマスツリーの前で
家族でワイワイ写真を撮ったのを思い出します。

今年も美しく飾られているツリーを見て、
これからも楽しくみんなでクリスマスが迎えられますように
と心の中でお祈りしました。
posted by impression at 17:19 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31