2020年12月02日

Andōの天才シェフ

127183376_205270207835932_8999030658195329484_n.jpg

これは何だと思いますか?
和菓子の「練り切り」のように見えるこの美しいお菓子、
実はチョコレートのデザートなのです。

夏前からずっと行ってみたいなと思っていた Andō。

AndōのシェフAgustinはとても流暢な日本語を話します。
それもそのはず、魚の料理の仕方を勉強するために
日本でZurriolaと日本橋龍吟にて6年半も働いていたそうです。

128854703_2375595359231834_1322299630139621272_n.jpg
ハマチのセヴィーチェ風。なんて綺麗な色!

彼のお料理の繊細さは日本料理に通じるものがあり、
まるで歌を歌うように、いとも簡単そうに、
日本料理とスペイン料理を取り混ぜた、
彼独自の素敵なお料理の数々を作りだしています。


マグロのタルタル

彼の料理人生そのものが反映されたような、
美しくて美味しく革新的なお料理は、
このコロナ禍の6月にオープンしてから
ずっと満席が続いているほど香港で大人気。

127905800_380562643207734_6634283346854287747_n.jpg
大根の煮物 日本風でしょう?
でも80年もののスペインの生ハムが仕込まれています。

このような国際的で印象的な楽しいお料理に出会えるのは、
あらゆる文化にオープンマインドで、
成熟した食文化を持つ香港ならではの醍醐味だな
と思います。


posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

簡単! シンプルリースのつくり方

127888383_3511225638970627_2236797113364259050_o.jpg

お花を生けて余った草花や
お花だけ枯れてしまって残った葉っぱ類を利用して、
シンプルなリースを作ってみませんか?

127890352_3511225625637295_2538547915694756884_o.jpg


先週末にお花を生けた時に余ったユーカリと黄色い蘭で
簡単なリースをつくりましたので、
つくり方をご紹介します♪


🌿シンプルリースのつくりかた🌿
材料:
・ワイヤーリング(私は花市場で買いましたが、
ワイヤーで作ったりワイヤーハンガーを利用してもOK)
・柔らかいワイヤー
・ハサミ(ワイヤーが太いとハサミを傷めるので注意)
・葉物、お花、松ぼっくりなど小さなオーナメントなど
(私は2種類のユーカリと黄色い蘭を使用)

128057037_3511225652303959_4470040909121035472_o.jpg

(1) 先ずはまっすくで茎が太い方のユーカリから。
ワイヤーで根元をワイヤーベースに巻きつけます。
(太く作りたいときは2、3本まとめたものをつけていきます)

127976473_3511225632303961_2457982247086222816_o.jpg

(2) 2番目の枝からは、最初の枝の下に根元が隠れるようにして
ワイヤーで巻きつけていきます。
ここからは同方向に巻きつけていきます。

127855576_3511225622303962_8867656322320495041_o.jpg

(3) 枝を巻きつけるときは枝の綺麗な方を正面にして巻きつけます。
ワイヤーで実際に巻きつける前に、
枝をリースの上に置いてイメージを作ってから巻きつけてるといいです。

127491425_3511225645637293_2404604832438522177_o.jpg

(4) 同方向に巻きつけて一巡します。
葉っぱがなくなるまで、ボリューム感を調整しながらつけていきましょう。

127655319_3511225642303960_2410602433021697595_o.jpg


(5)最後にアクセントになる花やオーナメント、
リボン、ドライフルーツなどをお好みで飾りつけます。

127896549_3511225648970626_1660221302794017886_o.jpg

もうすぐクリスマスなので、
常緑樹で作って小さなプレゼントとして差し上げても喜ばれそう。
また、おうち時間に家族でつくると、
それぞれ違うデザインのリースができて楽しそうですね〜♪
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

マロンタルト🌰

125996399_10219238985110456_4528621047963295366_n.jpg

ネットフリックスの”アンという名の少女”はもうご覧になりましたか?
もしまだでしたら、ぜひ! とてもオススメです。

これはL. M. Montgomeryの”赤毛のアン”が原作で、
話はカナダのプリンスエドワード島にあるGreen Gablesに住むマシューとマリラ姉弟が、
アンを間違って引き取ったところから始まります。
アンが孤児だったことから話は暗い部分も含み、なんとなく悲しくて、
私は世界名作劇場でアニメ化されても見続けられませんでしたが、
ネットフリックスのこのドラマは自然描写が緻密・繊細で、
どのシーンをとっても非常に美しく、
見ているだけで心洗われ癒されます。

ストーリーは原作をキープしながらも、
アイデンティティ、偏見、いじめ、人種差別、ジェンダー、女性の自立など
最近私たちが対峙している問題も追加され、とても見応えがあります。

126108115_10219238984390438_1510848223348457496_n.jpg

Marillaやその友人たちがパイを焼いたり、
アンやその友人たちがフラワーリースを作ったりする場面がたくさん出てきて、
お菓子作りや花が好きな人なら、
お菓子を焼いたり、花が生けたくてうずうずしてくるはず。
色々と心落ち着かなかった2020年の秋の終わりに
”アンという名の少女”の余韻に浸りながら、
マロンタルトを焼きました。
以前Table with Colorsでご紹介したレシピをココナツファインにアレンジ。
見た目にもイガグリ感アップ😋

126147635_2538233076469736_3663769190372491155_n.jpg
花はクリスマス前の最後の秋の花。
イントロダクションの映像に出てくるテーマカラーに合わせ、
オリーブグリーン、セージグリーン、ブラウンにゴールドのアクセントで。
香港風にダンシング・レディ(イエローの蘭)、
ベルベットのようなカンガルーで秋っぽさを加えてみました。
紅葉した雪柳にユーカリを加えたので、
部屋中にユーカリの爽やかな香りとタルトの甘い香りが満ちています。

126808028_10219238985910476_3216458482472835856_n.jpg
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

Petersham Nurseriesが香港にやってきました♪

5.jpg

香港に長く滞在して気がついたことは、
気に入ったホームデコレーショングッズは
ほとんど日本に持って行ってしまっていたこと。
今年中は少なくともおうち時間が減る様子もなく、
どこかに素敵なものはないかな?と日々思っていたところ、
レーン・クロフォードに、ロンドンから
Petersham Nurseries @petershamnurseries がやってきました。

2.jpg

1.jpg

Petersham Nurseriesは、ロンドンに住む再従姉妹が大好きで、
よく彼女の素敵な投稿を見ながらいつか行ってみたいなぁと思っていたところです。
ロンドンにいつ行けるのか?わからない今の私たちに、
とてもうれしいポップアップです。

3.jpg

7.jpg

8.jpg

美しいクリスマスデコレーショングッズ、Astier de Villatte の食器類、
Petersham Nurseriesのオリジナルのお茶やジャム、
オリーブオイルやワイン、スキンケア・グッズやホーム・グッズ、
そして大きな扉棚やシャンデリアまで! 
フェスティブ・シーズンに向けて、
優雅なおうち時間を過ごすための素敵なものが
たくさんのグリーン類とともに美しく飾られて…

6.jpg



見ているだけでウキウキ、
ようやくクリスマスが来るのだという気持ちがしてきました。
ディスプレイも綺麗なので、
クリスマスの飾り付けのヒントや
どなたかへのギフトも見つかるかもしれませんね🌲

東京だとこういうお店はたくさんあるかもしれませんが、
香港は狭いところにたくさんのお金持ちが住んでいて動けないでいるので、
高価なものでもこういう希少なものはあっという間に
なくなってしまうのではないかな?と思っています。
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

Afternoon Tea with Autumn Flowers

124769812_3471163479643510_4927564147978083811_o.jpg

自宅隔離が終わって、3ヶ月ぶりに香港のフラワーマーケットに行くと、
すでに夕方5時近くだったというのに、
まるで旧正月前のような人混みでびっくり。

香港ではやっと過ごし易い季節になって
お花を生けようと思う人も増えるのか、
大賑わいで、まるでコロナも何処かに行ったかのようでした。

124981945_3471163486310176_8336257520684866052_o.jpg

秋になったらもう売ってないかと思っていた紫陽花や百合も健在。
それらと一緒にモミの枝も季節感なく並び、
「諸人こぞりて〜」とクリスマスソングが流れる中、
日本人としてはもう少しだけ深まる秋を楽しみたくて、
河口湖で母が飾った落ち葉(☞前の投稿)にインスピレーションを受け、
秋色の花を買い求めてみました。

124910123_3471163476310177_2195723041419681707_o.jpg

日本はもうコートが欲しいくらい寒いようですが、
香港はやっとちょっと肌寒く感じるような秋の気候になったばかりなのです。

124858244_3471163482976843_2163326311226796773_o.jpg

深くてリッチな紫が美しい秋色アジサイや、
触るとカサカサいう音が秋らしくて可愛いヘリクリサム(ムギワラギク)、
燃えるようなオレンジのローズヒップなどを部屋に飾ってみると、
ようやく香港の我が家にも、実りの秋が訪れました。
TiffinのAfternooon Tea Setとともにお家でゆっくりと秋の週末の午後を楽しみました。

posted by impression at 12:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

Autumn Afternoon Tea at Home

Unknown s.jpg

先週末には、Grand Hyatt Hong Kongの
Tiffin Autumn Afternoon Tea Setを頼んでみました。

というのも、先週から香港は、外食制限が緩和され、
お店の75%までお客様を入れてよくなり、
1卓6人まで一緒に食事してよくなったのと、
Staycationが人気でどこのホテルも大混雑!
お昼の食事もお茶も予約なしでは
なかなか外食できない状態になってしまったからです。

それならお家でゆっくりと、マイペースに楽しめる
アフタヌーンティーを頼んで見ることに。

Unknown-1s.jpg

このTiffin Autumn Afternoon Tea Setは
ピックアップオンリー,
11月2日〜30日まで。12月にはWinterバージョンがあるのかも。

湾仔のホテルは少し離れていて不便ですが、
程よいサイズ感とお値段もあり人気で、
私が取りに行った時も次々とお客様が取りに来ていました。

私が特に気に入ったのは、
ざくろのゼリーが載せられたホームメイドのフォアグラのテリーヌ。
濃厚で香り高く美味しかったです。

Unknown-2s.jpg

スコーンはプレーンとシトラスの2種類があり、
トースターかオーブンで少し温めてからいただくと
美味しさ倍増です。
クロテッドクリームとストロベリージャムの他に、
レモンカードもついているのがいいですね。

Unknown-4s.jpg

添えられたお茶はJingの緑茶。
ここにも日本ブームが伺われます。
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

Lunch at Tate Dining in Hong Kong

123360837_3444308332329025_7299425282782860944_o.jpg

2回めの自宅隔離終了とお誕生日のお祝いに、
香港の友達が
とても素敵なランチに連れて行ってくれました。

123107354_3444308362329022_4102497329858436796_o.jpg

123274158_3444308348995690_8039134693521025938_o.jpg

コロナでは色々と大変なこともありましたが、
もしコロナ禍がなかったら、
出張の多い私たちは同じ香港にいながらも
友達になってなかったかもしれないと思うと
人生は不思議。
共通の趣味を多く持つ彼女のおかげで
この夏はとてもポジティブに過ごすことができ感謝しています。

123107358_3444308285662363_5123217229250411061_o.jpg
123299269_3444308355662356_1653079365868388820_o.jpg

友達とよく笑うこと、家族を大切にすること、
自分の大切に思うことを追求すること、
よく働くこと、学び続けること…
つらい状況にあるとつい忘れて
心配ばかりして落ち込みがちですが、
幸せな気持ちでいるためには
目の前のこういう小さなことの積み重ねが大切
と彼女と過ごしていて再確認しました。

123503748_3444308392329019_4231044037681865984_o.jpg
123187461_3444308282329030_2033109245377005065_o.jpg

これからまだ大変な冬が来そうですが、
自分と周りの人を応援して
心身ともに健康に過ごしていきたいと思います。

123339127_3444308438995681_2219508914650364472_o.jpg

"Ode to Tea"は、Vicky Lauシェフが
一つの食材に特化して創作する金・土のランチ限定のメニュー。
今回はお茶がテーマ。
テーマ福建省の白茶、京都の玉露、台湾の東方美人、
武夷の大紅袍 、雲南の古樹滇紅など
7種類のお茶をお料理とペアリング。

123304201_3444308328995692_3449351898555987105_o.jpg

最初は香りの柔らかい白茶から。
次は玉露。
甘海老の下のソースに玉露が使われていたり。
最後はチャイティ〜のアイスクリームのデザート。

123344948_3444308335662358_6110231051003463275_o.jpg

香りだったり、味だったり、色だったりと、
ペアリングの仕方も色々。
上の写真のアサリのご飯には、お米の香りの
プーアール茶が合わされていました。

どのお料理もお茶もとても美味しく、
よく考えられていて、素晴らしかったです。
器も一つ一つ楽しく、食材もお料理もお茶も、
全て世界の様々なものが上手にミックスされていて、
香港ならではの、また、シェフの細やかな素晴らしい才能が
自在に発揮されているコースでした。


香港も外食産業は厳しく制限されて大変だったはず。
そんな中でもぶれずに
自分たちの料理やサービスを追求し続けているのだと思うと
胸が熱くなります。
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

秋の色

123003659_3434176976675494_3983461879350522112_o.jpg

秋色のテーブルとパンプキンタルト。
2~3年前の"Table with Colors"より。

123140256_3434176980008827_6598976611618658775_o.jpg

豊かな秋の実りの色は見る人を
暖かく幸せな気持ちにしてくれますね。

123137251_3434176983342160_1647857936191587313_o.jpg

123181986_3434176966675495_6487472917088468872_o.jpg

123136214_3434176990008826_7206354101592254385_o.jpg

やっと自宅隔離が終わりました。

外はもう秋の香港。
少しずつ香港なりの秋を見つけにいきましょう。

123128087_3434176970008828_4568853769002617532_o.jpg

と言っても、
香港の秋は”食欲の秋”になりそうです🍂
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

コロナ禍の中の香港で最高だったテイクアウト&デリバリー

122986890_3430451300381395_5264938983470007514_o.jpg

2回目の自宅隔離は慣れ過ぎてしまったのか、
10日目の検体提出を危うく忘れそうになる程でしたが、
まもなく自宅隔離が終わるのでうれしいです。

慣れてももう一度したいかというと、
できればしたくない。
コロナとどこかで折り合いをつけない限り、
これは続くのでしょうか…

私が帰国した時はちょうどタイミングが良く、
空港でのPCR検査の結果を待つホテルはそれほどひどいホテルではなく
自宅隔離へと移行できました。
その1週間後には別のホテルが指定ホテルになり
そこがひどい状況だと泊まった人たちが訴えています。
次回はどんなことになっているでしょう。毎回状況が変わるので
この辺りのストレスは慣れようにも慣れられない。
目を瞑って息を止めて我慢してやり過ごすしかなさそうです。

私の自宅隔離が終わる頃、香港の状況は良くなっているのか
悪化しているのか心配していましたが
運よく好転し、外出規制や外食に関する規制も緩和され
1卓4人までだったのが6人に、午前0時が2時まで営業可に。

ようやく落ち着きを見せつつある香港の外食産業。
このコロナ禍の中の香港で感激した
テイクアウト&デリバリーをもうひとつご紹介します。
落ち着いてきた今はもうやっていないので
ある意味貴重な体験でした。

3ヶ月くらい前、香港で第3波がやってきたころの
Roganic Hong Kongのテイクアウト&デリバリー。
イギリスのお店が本店でそちらでも同様に行っていたようですが
その土地の食材に合わせメニューは少し違ったようです。

123085098_3430451297048062_190448673943293714_o.jpg

123048268_3430451303714728_2250781540396533597_o.jpg
フタをあけるとこんな感じ!

きちんと小分けにされた全ての材料には
ひとつひとつ番号が振られていて、
細かなインストラクションと、
Youtubeのシェフの実演動画に沿って作業すると、
お家にいながら、まるでレストランでいただくように
美しくおいしいお料理をいただけるというもの。

123094248_3430451310381394_1729232665601387811_o.jpg
料理本のように丁寧なインストラクション。

メニュー開発からビデオの準備まで、
大変なご苦労だったと思いますが、
まさに完璧でした✨ 
さすがミシュランで星を取っているレストラン、
工夫と手間に自分たちの誇りとクリエイティビティへのこだわりも感じます。

122969058_3430451307048061_920671964433438353_o.jpg
ビートルートでしめたサーモンの前菜

122978176_3430451293714729_968503059724177995_o.jpg
Pork Belly, Potato Terrine, Onionのメインコース

122542647_3430451290381396_7908130736182875438_o.jpg
人気のアップルタルト トフィーソース添え

お客様に自分たちの表現を正しく伝え、
お家でもお店での体験となるべく同じように
美味しく楽しんでいただきたいという熱意がとても感じられて、
ほんとうに素晴らしかったです👏
香港人のInstagramのStoriesにも
毎日のように色々な人が
お家で楽しんでいる様子がアップされていました。

ともすると落ち込んでしまう状況の中の、
予想外にとても楽しい経験でした。
どんな時でも何かを一生懸命することは人の気持ちを明るく照らすのですね。
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

菊の節句

122786753_3423497957743396_4633774387012072302_o.jpg

香港や中国では、この週末は月曜まで、
重陽節の三連休。
この時期は菊がきれいに咲いているので、
菊の節句ともいうそうです。

122710692_3423497961076729_5947015125373223521_o.jpg

写真はちょうど3年前の今の時期に行った
"Table with Colors"セミナーより。

122725980_3423497964410062_7129091494767459459_o.jpg

先日の、秋の草花を大きく、
自然に草原のようにいけたスタイルとは違い、
小菊をお月さまのように丸くモダンに仕上げて、
これもお気に入りのフラワーアレンジメントのひとつ。

122760962_3423497967743395_7373286146485507370_o.jpg

シンプルなフォルムですが、
紫陽花ならはさみを1〜2回入れたらすむところ、
小菊だとその何十倍も前処理やはさみを入れなくてはならないので、
実は時間と手間がかかるアレンジメント。

重陽節には、
菊のお茶や菊を使ったお料理をいただいて
邪気を払うそうです。
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。