2017年11月20日

『ミセス』2017年12月号掲載

23659498_10211032971685249_619817618499940636_n.jpg

少し発売から時間が経ってしまいましたが、
現在発売中の『ミセス』12月号(11/7発売)に手土産についてお勧めしました
取材記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

『ミセス』12月号はクリスマス特集満載!
「ホームパーティへ、ようこそ!」という大テーマのもと、
1 コシノ家のクリスマス
2 有元葉子さんの大皿料理
3 河村みち子さんの人気鍋
4 持ち寄りパーティで喜ばれる一品
5 花あしらいで華やかに
6 雰囲気を作るインテリア
7 あの人がすすめる美味しい手土産
が特集されている内容がとても濃い、魅力満載の号です。

7の手土産で大好きなスイーツのひとつをご紹介しました。
クリスマス特集だけでなく、
ファッション特集も、そして健康特集も充実していますので
どうぞお手に取ってみてください。

東京に久しぶりに戻ってきたら
急に寒くなってきてびっくり!
皆様どうぞお体大切に、暖かくしてお過ごしください。

posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

Table with Colorsセミナー 2017年1〜3月期の日程のご案内

19248054_10210921423256608_8648007645917238439_nのコピー.jpg

Table with Colors Seminarの2018年1月~3月の日程をご案内いたします。
フレッシュな季節にぴったりな楽しいメニューをご紹介していきます。

Table with Colors Seminar では、2004年から始まったお菓子とテーブルセッティングの
セミナーの枠を広げ、2013年よりお菓子のみならず、日々の暮らしを豊かにする、
ブレックファースト、ランチ、アフタヌーンティー、ディナーなどに応用できる
健康的で楽しいメニューもプラスしてご紹介しています。

季節や食べる時間、集まる人やテーマなど、想定するシチュエーションに幅を持たせて、
健康的で気の利いた、簡単で美味しいメニューを、カラーコンサルタントならではの視点で
色彩をフルに活かした、美しく、おいしく、楽しく見えるセッティングのテクニックとともに
ご紹介します。
毎回自由な発想で皆さまと一緒にその日の課題をつくり、召し上がって頂きます。

●日曜クラス:11:00〜14:00

 第1回目: 1月21日(日)
 第2回目: 2月25日(日)
 第3回目: 3月18日(日)

● 月曜クラス:11:00〜14:00

 第1回目: 1月22日(月)
 第2回目: 2月26日(月)
 第3回目: 3月19日(月)

 
●受講料:
 入会金:10,800円(初めてセミナーを受講する方のみ)
 受講料:32,400円(3回分、税込、材料費、レシピ込み)
 講師:菅原 明美、令子
 持ち物:エプロン、スリッパ、手をふくタオル、筆記用具


・1コース全3回です。
・ クラスに空席がある場合は1回ごとのご参加も可能です。
ご希望の場合はお問い合わせください。
  単発のお申し込みの場合は(入会金+)1回につき受講料12,960円です。
・ 作ったメニューのお持ち帰りはございません。
・ お申し込み後のキャンセル、お休みの際の受講料のご返金は出来ませんので
ご了承ください。
・ 都合により開催日が変更になることがございますのでご了承ください。
講師の都合で変更の場合のご欠席は振替/キャンセル可とさせていただきます。



●セミナーへのお申込、お問い合わせはメールにて承れます。
E-mail:http://www.impression.ne.jp/contact/index.html
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

Table with Colors 10月のワンシーン

23167781_1510718239021387_1929967215201176165_n.jpg

Table with Colorsセミナーにご参加くださっている方が、
とても素敵な写真を送ってくださいました。

インプレッションのシンボル・ツリーとなっている?
ねむの木もきれいに写っていてうれしそう!

写真やお花など、作品にはその人らしさがあらわれるなと思います。
爽やかで優しいその方の写真にはいつも明るい透明感が溢れています。
ありがとうございました!
posted by impression at 16:14 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

Autumn Leaves.

23031522_10210915170380290_8722302104618108205_n.jpg

母が河口湖の紅葉の写真を送ってきてくれました。
香港のような南の国にいると常緑樹だらけで
なかなかきれいな紅葉を楽しめないので、
こんな写真を見ることができて、この数日とてもうれしいです。

綺麗好きの母は、どこにいても、毎回、急に何か起こって
しばらく来られなくなっても大丈夫なようにと
完璧に家を掃除します。
年齢を重ねるごとにだんだん大変になってきましたが、
次に来てドアを開けた時に気持ちよくないと嫌なので、
毎回頑張ります。

河口湖のように、急に大雪が降ったりすると
しばらく行けなくなる家にはとくに力が入ります。

ひとりで家の冬支度をしに河口湖に行った母。
今回はデッキのペンキの塗り替え等々。
働き者に神様が味方したのでしょう。
たった2日しかいないその期間に、
急にお湯がでなくなってきて、ガスの異常に気がつきました。
交換時期が来ていたのですが、
もしこの時偶然起こらなかったら、
次回もっと寒い時期に来た時にきっともっと困ったことでしょう。

そういう時、神様が教えてくれてる、とよく母は言います。
気になったことを気になった時にすぐに行動に移す。
大変なことや面倒なことから逃げない。
いつもベストを尽くす。
なかなかできないことですが、
いつもラッキーなように見える母の
生き方のコツはここにあるのだと思います。
神様が「よくがんばりましたね」と
母にきれいな紅葉を見せてくれました。
posted by impression at 18:32 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

Table with Colors 2017年10月は…

blog1.jpg


あっという間に10月も最終日。
日本は寒いようですが、香港は一年で一番気持ちよい季節が来ました。
毎日爽やかで気持ち良く、幸せです。

10月のTable with Colorsセミナーのご報告を。
セミナーの準備をしに、東京に戻ると、爽やかな秋晴れかと思いきや、
なんだかまだ暑さの残る毎日。

今回は香港で今年はとても感激した中秋のお月さまにインスピレーションを受けた
モノトーンに金色の月が輝くようなテーブルに。

お食事のメニューは、基本に戻り、皆が大好きな中華の定番の酢豚と炒飯をご紹介。
酢豚は時間が経ってもかりっと美味しい香港ならではの作り方のコツをご紹介。
そして炒飯はパラパラにすべく中華鍋と奮闘し、
皆さまにも大いに参加していただいてとても美味しく仕上がりました。

お食事メーニューが重めなため、デザートは少し軽めに。
食事のしつこさとバランスをとりながら濃厚さ、舌触りを調整した
秋の訪れを知らせる金木犀の香りがほのかに漂うプリンをご紹介。
とても簡単なのに、なんとも絶妙なとろけるようななめらかさに出来上がりました。
わかるかわからないかくらいの金木犀の香りがプリンに静かな爽やかさをもたらします。

テーブルフラワーはまあるい秋の小菊をたくさん、
お月さまのように、または月見団子のように
まあるくいけてみました。

菊といえば、昔、花をプレゼントしたことのない男の子から
菊の花束をもらったことを思い出しました。
トランクから取り出された花束が小菊の花束だったので、内心ちょっとびっくりしたのですが、
「どうしてこの花を選んだの?」と聞いたところ、
「一番長持ちするのはどの花ですか?と聞いたら菊だと言われた」とのこと。
なるべく長い間、楽しんでもらいたい、と堅実な彼はきっと思ったのでしょう😆

次のレッスンはクリスマス。どうぞお楽しみに♪ ♪
posted by impression at 17:32 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

『家庭画報』12月号掲載

22815191_1504660109627200_9039946199268491992_n.jpg

今日は木枯らし一号が吹いたようですね🍂
あっという間に冬の足音が聞こえてきてました。

『家庭画報』12月号では、年末年始のご挨拶にぴったりな
「心を伝える『贈り物』」特集をしています。

その中で、菅原明美がGODIVAの新しい美味しいお菓子を
ご紹介させていただいています。
美味しいだけでなくて、モダンで美しいのです。

その他、素敵な贈り物アイディアが満載の号ですので、ぜひご覧ください!
posted by impression at 17:54 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

Mooncake Festival 2017

22196139_10210747124299243_3946803525757363015_n.jpg

Mooncake Festival 2017🌕
今年の中秋節の夜は雲が多く、隠れたりまた出てきたり。
刻々と満ち欠けする月が満月の姿を見せてくれるのを追いかけていたら、
あっという間に時間が過ぎていきました。
昔の人はこうしてゆったりとお月見を楽しんでいたのかな
と感慨深く思いました。

中秋節に食べる月餅は、香港ではこの時期にしか売られない、
季節限定のお菓子。
中秋節に向けて早いお店では7月から受付が始まるところもあり、
街の至る所で長い間目にしているので、
ついいつまでも手に入るように感じてしまうのですが、
実はそうでもないお菓子なのです。

美味しいところのものは、暑い中行列して買うものもあるので、
つい「今年はいいかな」と、めげてしまうそうですが、
中秋節が終わる時には、その年にいつものお気に入りの月餅を
食べなかったことを悔やんでしまうほど、
それぞれに、思い入れのあるお菓子なようです。

一口に月餅といっても、地域により、皮も中身もさまざま。
写真下段真ん中のパイのような月餅は山東省のもの。
触るだけでパラパラと崩れ、中はゴマの餡が入っています。
香港の月餅は、皮や餡がしっとりしていて
アヒルの塩卵が入っている広東スタイル(写真右上)が
伝統的なものですが、最近は冷たいタイプやカスタード餡、
チョコレートを使ったものなど、バリエーションも豊か。

どこのお店もがんばっていて、美味しい月餅がたくさん。
家族や友人、日ごろお世話になっている方にあげたり、もらったり。
どこかから必ず数種もらうので自分で買わなくても充分という人もいるくらい。
ですがカロリーが高いので、香港政府が中秋節の時期に食べ過ぎないよう
警告を出したこともあるそう😵

今年は自分で作ったり、買ったり、いただいたり…
来年もおいしい月餅にたくさん出会えますように😍
posted by impression at 11:38 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

Lady in Red

22154328_10210716602176209_6988614419657622141_n.jpg

国慶節のお休みで中国系の訪問客が増えて混んでいる香港。
昨晩遅くに目が覚め、何気なく外をみると、なんだかとても明るい。
何かと思ったら、もうすぐ中秋節なので、満月が近く、
お月さまが一段と大きく白く明るく輝いていたのでした。

さて、誕生日のあと、香港のラルフ・ローレン(RL)にいくと、
シャンパンとともにこんなイラストのプレゼントをいただきました。
私のfbのプロフィール写真をもとに、
イラストレーターに依頼して書いてもらったそう。
ファッション・イラストレーション的にデフォルメするとこうなるんだ!
という、楽しさ溢れる心遣いに感激しました。

RLの担当者は、先日私が赤いセーターを買ったので、
赤いドレスの絵を依頼したのだと思われます。
この写真を友達に見せたところ、古くからの友達は私らしいと言っていましたが、
香港に来てからの友人には赤を着てる私を見たことがないと言われました。

もともと子供の頃から飽きるほど赤を着ていましたが、
暑い国にいるせいや、また流行や気分もあり、この頃は青が多いです。

赤を着ている私と青を着ている私、同じ人物でも、
きっとずいぶんと違う印象を人に与えているのだろうなと思います。

この秋は渋い素敵な色がたくさん流行っています。
が、私には似合う色が少なそうなので、
久しぶりに赤も着てみようと思います。
posted by impression at 18:04 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

満月はまだ…

22007897_10210681445897324_2752932495478944105_n.jpg

自分で自覚しているよりも、実は中秋節を楽しみにしているのかもしれません。

今の部屋にはしばらく住んでいますが、昨晩初めて、部屋から月が見えることに気づき、
なんだかとてもうれしくなって写真を撮りました。
肉眼で見るよりも小さく写り、まるで視力検査の記号のようです。

もしかしたら、来週の中秋節の日には、
部屋からお月見ができるかも?と思いましたが、
一時間後にもう一度見たら、お月さまはどこかにいってしまって
見えませんでした。
時間によるかもしれませんね。

中秋節には月餅を食べますが、カロリーが高いので、
もう今年は本当にやめよう、と思っていました。
が、
面白そうな月餅を見つけてしまったので
結局好奇心に負けて、ついにオーダーしてしまいました!
月餅がどこまで進化しているか、どんな風に解釈されているのか、
来週届くのが楽しみです。
posted by impression at 18:22 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

中秋節 is coming....

21764867_1474420302651181_7310373523170699351_n.jpg

日本の中秋の名月にあたる中国の中秋節がもうすぐやってきます。
日本のお月見では、白いお団子を食べますが、こちらでは月餅を食べます。
香港の街では、たくさんのレストランやショッピングモールに月餅の宣伝が並び、
中秋節をお祝いするデコレーションが飾られます。

上の写真は、ハーバーシティで見かけた素敵なデコレーション。
色とりどりのランタンが飾られています。

そして下の写真は、月にみたてた白い球状のランプが並んでいます。

22046598_1474420309317847_4181465134621649322_n.jpg

影が本当に月のクレーターのようです。

どちらも幻想的で素敵ですね。
香港の人たちはとても現実的で、仕事も効率的。急いでなくてもいつも急いでいる感じ。
ときどき、それはちょっと省略しすぎでない?と思うこともあるのですが、
こういう切ないような気持ちにさせるデコレーションを見ると
こちらの人はロマンティックな面があるなと思わされます。
posted by impression at 18:12 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

Frantzen's Kitchen

2.jpg

香港にはおいしい中華料理のお店がたくさんありますが、
日本人がそうであるのと同じように、
香港の人たちも毎日中華を食べるという訳でもなく(特に若い人たちは)、
最近は新しいレストランというと、
フレンチやイタリアンなど西洋料理や和食のお店が多いように感じます。

久しぶりに香港にいらした方には、やはり中華をお勧めしますが、
何回目かの香港ならば、こんなお店もお勧めかも。

このFrantzen's Kitchenは、本国スウェーデンではMichelin2つ星の
レストランを持つ人気シェフのお店。
日本料理にも多くの影響を受けたと見られる、
とてもユニークなプレゼンテーションのスウェーデン料理を
香港にいながら楽しめます。

イメージ画入りのメニューを見てオーダーしたはずなのに、
出てきたお料理がはたしてどれなのかは、よ〜く見ないとすぐにはわからない😆
これじゃない?いや、これでしょう?と考えながら食べるのも楽しい、
モス(="苔"。でも本当に"苔"なのかはわかりません! )など、
今までにあまり食べたことのない食材や風味を取り入れた意外性たっぷりの品々…。

新しもの好きな香港の人たちに人気があるのもわかります。
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

Black & White Gala Dinner @Hong Kong Jockey Club.

21432934_10210555155020131_307435105215221258_n.jpg

Black & White Gala Dinner presented by Diciples Escoffier Asia
@Hong Kong Jockey Club.

お友達に誘っていただき、Diciples Escoffier AsiaによるBlack & White Gala Dinnerへ。

ドレスコードは黒または白でブラック・タイ。

お料理も予想通り、黒と白(カリフラワーのパンナコッタ キャビア添え)でスタート。

もしかしてずっと黒と白だったらどうしよう?と思っていたら、
コースが進むにつれ彩り豊かになり、
最後はオーギュスト・エスコフィエに敬意を表した
真っ赤なピーチ・メルバで華やかにフィニッシュ。

ディナー開始時間は 1時間以上遅れてフランス風、
それでも時間通り
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

🎄CRAZY, COLORFUL CHRISTMAS🎄

21761651_10210644808581414_7554878872320373355_n.jpg

🎄"CRAZY, COLORFUL CHRISTMAS”
一足先にJo Malone Londonのクリスマスを🎄

母がJMLの新作発表会の写真を送ってくれました。
あぁ〜、カラフルって、なんて楽しいのでしょう❗️
大好きなはずの秋も飛ばして、すぐにでもクリスマスになってほしいくらい。
でも、大丈夫、発売は10/20からと意外に間近だそう♪
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

インプレッションの庭で採れたイチジクとハーブ🌿

21078783_1450692861690592_4289252360649834566_n.jpg

今年は無事に収穫😄
というのも、昨年は母やお手伝いさんがせっかち過ぎて(収穫したがって)、
まだ実が青くて小さいのにもかかわらず、
我れ先にと早々に切り落としてしまったからです。

「来年は必ず熟してから採ろう」との誓いにそって、
今年は無事に収穫できたよう?

まだ多少?青いような気もしますが、
母曰く早めに収穫しないと実が重くなって落ちてしまうそう…

来年はあともう少しだけ、赤く大きくなるまで耐えて
とらないでみてもらいたいなと思います…

ちなみに昨年はいつ皆が収穫してしまったのかな?と遡ってみたら、
まさに、ほぼ昨年の今日、事件は起きていたのでした!

☞ほぼ昨年の今日の記事はこちら!
http://blog.goo.ne.jp/reikosugawara/e/ed5b73405d31e39f15d5341f3931d471
posted by impression at 15:25 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

NY SUMMER 2017 C

20768049_1434289099997635_7770703212200682208_n.jpg

NYの夏は、東京や香港に比べると、暑くてもカラッとしているので、
なんだか歩けてしまいます。今回も1日平均15,000歩とよく歩きました。
「あと何ブロック〜?」と聞いてくる姪に「あと3ブロックかな〜」と答える私。
「ねぇ、あと何ブロックになった〜?」「ん〜、あと3ブロック〜」
「?さっきも3ブロックって言ってた」「え、そ〜お?」の繰り返し。
よくついてきてくれました。すっかり強く大きくなりました!

前半はミュージアム巡りをがんばってえらかったからか、後半には思わぬいいことが♡

なんとNY在住の留学時代からの友人が、同年齢の息子さんと一緒に
サイエンスの先生のガイド付きの博物館ツアーや映画など、
様々な子供の喜びそうなところに連れて行ってくれたのでした。
想像もしないほど楽しい時間を過ごす事ができたようで、
彼女が送ってくれた姪の写真には見たこともないくらい楽しそうな笑顔がたくさん。
帰ってからも「今日もあの子と遊びたい〜」とつぶやくほど。
離れた国に住んでいてなかなか会えない2人ですが、
私たちの友情と同じく長く仲良くできたら嬉しいです。

ホストファミリーたちも忙しい中たくさんの時間を共にしてくれました。
みんなのあまりに心のこもったおもてなしに、
感謝の気持ちでいっぱいの旅となりました。
posted by impression at 09:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

NY SUMMER 2017 B

Bs.jpg

この夏NYで開催されていたコム・デ・ギャルソンの
Rei Kawakubo Art of the In-Between展も、今回観たかったもののひとつ。

巨大なパンケーキを食べたあとは「歩かなくちゃね」と
小鳥のさえずりを聞きながらセントラルパークを抜けてメトロポリタン美術館へ。

今回のこの展覧会には、彼女の1981年のパリデビューコレクションから、
最新の2017年春夏コレクションまでの中から、約120体のルックが登場。
東洋と西洋、男性性と女性性、過去と現在といった
二項対立を乗り越えるような先進的な挑戦の姿勢を展示しているそう。

存命のデザイナーの単独特別展としては、イブ・サンローラン以来の
快挙として大注目されました。
また、通常このような服飾展示会は薄暗い照明、ガラスケースに入って展示されるのですが、
今回は真っ白でオープンな展示場で、まるでコムデギャルソンのショップにいるか
モダンアートの美術館にいるかのようで、間近に世界観に触れることができるなど、
異例づくしの展示会だそうです。

運良くIrving Penn展もやっていました。個性を模索していた初期のペンが
コーナーを利用した写真で頭角を現してきたという展示を見た直後に、
姪がエレベーターのコーナーでポーズを取っていたのでなんだか面白くてパチリ。
色々巡りましたが、今回の彼女のお気に入りはタブレットでアートに
自分の手を加えて作品を作れる試みをしていた、リニューアルされたCooper Hewitt だそう。
posted by impression at 00:00 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

NY SUMMER 2017 A

Cs.jpg

アメリカにくると楽しみなのが朝食。時差ぼけも手伝って、
朝早く起きてしまうので余計美味しく感じるのかもしれませんね。

昨年もアメリカ旅行した妹から、姪たちは時差ぼけで
夜はどこのレストランでも気を失って倒れたかのように
眠ってしまったと聞いていたので、夕食は期待できないと予想。
今回の旅行では、最初のうちは朝食に重点をおく計画にしました。

着いた日は予想通り、眠すぎて何を食べてるのかもよくわからない感じだったので、
翌日の朝は少しお腹空くように離れたところにあるカフェに歩いてつれていったところ、
顔の大きさよりはるかに大きい、それは大きなパンケーキ(しかも3枚重ね)の登場に一同びっくり!
感激した姪はすっかりAmerican Breakfastのとりこに。

ホテルは朝食付きではなかったので、その日の気分でいろいろなところに食べに行くことに。
前の夕食が重くてお腹が空いていない朝やしっかりしたランチの約束がある日は
近くのカフェでフルーツやグラノーラで軽く済ませることも。
出勤前にコーヒーをテイクアウトしていくきびきびしたニューヨーカーの様子を眺めたり、
華やかなママ友たちのおしゃべりを聞きながら朝食を食べていると、
だんだんと自分たちも街に馴染んでくるような気がして楽しかったです。
posted by impression at 14:13 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

NY SUMMER 2017 @

A.jpg
約一年ぶりにNYに行きました。
前回訪れた時はお見舞いに終始して街はあまり見られませんでしたので、
今回は一昨年に移転したWhitney Museumへ。

この美術館はもともとMadison Avenueの75丁目にあり、
ホストファミリーの家からすぐだったのでよく一緒に行った場所。
懐かしい美術館がどういう風に生まれ変わったのか見てみたかったのです。

美術館は再開発されたミートパッキンクディストリクトにあり、
High Line の南端にあるため、美術館をを見たあとはHigh Lineへ。

High Lineとは、廃止されたウエストサイドラインの廃線跡地を再開発し、
緑化して、空中緑道、高架都市公園にしたもの。
歩道にはかつて使われていた線路や枕木が敷かれていたりして、
懐かしさと新しさが上手にミックスされた素敵な憩いの場です。

とくに夏は緑が生い茂り、エキナセアの花がたくさん咲き乱れていて綺麗なので、
時には草花を楽しみながら、時にはハドソン川を見渡しながら、
少し涼しくなってくる夕暮れ時にゆっくりお散歩するのがおすすめです。
posted by impression at 16:13 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

ブルーベリー狩り 2017

20245606_1415966265163252_2923151967594417783_n.jpg

短い滞在になってしまっても、毎年河口湖に行くのを心待ちにしてくれる甥と姪。
もっと大きくなったらそれぞれ忙しくなってしまうのでしょうけれど、
こんな時間ができるだけ長くもてるといいです。


毎年恒例のブルーベリー狩りのあと、
セミナーで作ったタルトの残り生地を焼いて持たせたタルトの土台にクリームを入れ、
採れたてのベリーを盛り、香港に写真を送ってくれました。

河口湖は空気が澄んでいて水も美味しく、
素材も採れたてで、お菓子が一層美味しく作れるような気がします。
あちらでのお菓子作りも甥と姪の恒例行事のひとつとなっています。

セミナーでつくったのはこのタルト。

20228295_1415966261829919_4565656043146398159_n-1.jpg

レモン風味のタルト生地とクリームで、爽やかなタルトです。

さて、甥が河口湖でつくったのはこちら。

20155828_10210207736214878_2600925341684081556_n.jpg

発想が素晴らしくて、題名は『VOLCANO(火山)』!

20294159_10210207743775067_6120185940044918602_n.jpg

クリームの下には赤いソースが隠れていて、それがマグマを表現しているそう。
河口湖の家から見える「富士山」にインスパイアされたそうです。
ブルーベリーはあんまり見えなくなってしまいましたが(笑)
子供の発想ってほんとうに面白いですね!
posted by impression at 17:59 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルーベリー狩り 2017

20245606_1415966265163252_2923151967594417783_n.jpg

短い滞在になってしまっても、毎年河口湖に行くのを心待ちにしてくれる甥と姪。
もっと大きくなったらそれぞれ忙しくなってしまうのでしょうけれど、
こんな時間ができるだけ長くもてるといいです。


毎年恒例のブルーベリー狩りのあと、
セミナーで作ったタルトの残り生地を焼いて持たせたタルトの土台にクリームを入れ、
採れたてのベリーを盛り、香港に写真を送ってくれました。

河口湖は空気が澄んでいて水も美味しく、
素材も採れたてで、お菓子が一層美味しく作れるような気がします。
あちらでのお菓子作りも甥と姪の恒例行事のひとつとなっています。

セミナーでつくったのはこのタルト。

20228295_1415966261829919_4565656043146398159_n-1.jpg

レモン風味のタルト生地とクリームで、爽やかなタルトです。

さて、甥が河口湖でつくったのはこちら。

20155828_10210207736214878_2600925341684081556_n.jpg

発想が素晴らしくて、題名は『VOLCANO(火山)』!

20294159_10210207743775067_6120185940044918602_n.jpg

クリームの下には赤いソースが隠れていて、それがマグマを表現しているそう。
河口湖の家から見える「富士山」にインスパイアされたそうです。
ブルーベリーはあんまり見えなくなってしまいましたが(笑)
子供の発想ってほんとうに面白いですね!
posted by impression at 17:56 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30